歯周病の治療

歯周病の意味

歯はアゴの骨に根を埋めています。そして、歯の根とアゴの骨の間には、歯根膜というスジが張り巡らされており、歯根と骨とをガッチリつなぐ役割を担っています。そしてアゴの骨の表面は歯肉で守られています。これら歯肉・骨・歯根膜を歯周組織といい、このうちのどれが悪くてもちゃんと咬むことができなくなります。それが歯周病です。

歯は、アゴの骨に根をしっかり埋めているからこそ、かたいものでも咬むことができるのです。歯周病が進行すると痛くて咬めなくなります。歯肉が腫れたり血や膿がでたり、口臭がするようになります。骨がすっかり溶けてしまっては入れ歯も安定しません。また、どんなに高価なかぶせものをしても、歯周病で骨が壊れてしまえば、歯は抜けてしまいます。

歯周組織は建物でいえば地盤と基礎部分に当たります。どんなに建物が立派でも地盤沈下や液状化が起きたり基礎工事が手抜きされたりしていると、壊れてしまいますよね。それと同じことです。
皆様に歯周病について正しい知識をもって歯を長持ちさせていただくために、歯科衛生士が中心となって全力でサポートします。一緒に大切な歯を守りましょう。

歯周病の治療では、患者さん自身の心がけも重要なポイントです!

歯周病にかかってしまう条件は『歯』『歯を支える組織』『歯周病菌』がそろっていること。どれかがなくなれば歯周病にはならないのですが、『歯』と『歯を支える組織』をなくすことができません。それなら、『歯周病菌』をなくせば万事解決!
……と簡単にできればいいのですが、『歯周病菌』は0にはならないのです。適度に存在しないと、かえって悪玉のばい菌やカビが増えてしまいます。そのため、『歯周病菌が悪さのできない、ほどほどの量』をキープすることが大切です。

では、『歯周病菌が悪さできない』ようにするためには、どうすればよいのでしょう。

それは、

  1. 歯周病菌そのものの数を増やさない。
    → 歯周病菌が隠れる場所を狙った効果的な歯みがきの方法を会得する。
  2. 歯周病菌が隠れ潜む場所を作らない、減らす。
    → 歯周ポケット、不適合な詰めものやかぶせもの、歯並びの乱れているところなどを改善する。
  3. 歯周病菌と勝負しても負けない抵抗力を維持する。
    → 疲労、病気などで自分自身の抵抗力が落ちないようにする。

この3つです。

こうしてみると、③はご自分でできますね。
①は初めに磨き方を覚えてしまえば、あとは実行するだけです。ただ、「歯みがきなんて誰にでもできる」というほど簡単ではありません。特に、歯周病になってしまった後の歯みがきの方法は、歯周病になっていない人の歯みがきの方法とは異なります。

そのため、歯周病の治療は

を、その方の状況に合わせて行うことになります。

歯周病の治療では、いわば、患者の皆様が主役、診療スタッフは応援団みたいなものです。患者さんご自身がいろいろケアやコントロールを行い、医療スタッフはそのサポートをします。患者さんが自分でやらなければ治らない、といっても過言ではありません。