受理されている届出

初診料の注1に規定する基準(院内感染防止対策にかかわる施設基準)

当診療室では標準予防策に則り次のような感染予防対策をとっています。
・患者さんに触れる器具等は、毎回洗浄・消毒・滅菌し、適切に保管されたものを使っています。
・歯を削るためのハンドピース、歯石を除去するための超音波スケーラーのハンドピースなども十分な数があり、使うごとに高温洗浄・滅菌しています。
・当診療室では、ウォッシャーディスインフェクターとクラスBオートクレーブを設置しており、ハンドピースのような中空で複雑な構造物でもきちんと滅菌されています。
・感染予防に関する研修は規定回数以上の受講を行っています。
詳しいことは院内掲示をご覧ください。

歯科外来診療環境体制加算1

歯科診療を安全に行うために必要な設備(歯を削ったり歯石を取ったりするときに発生する、口腔内細菌だらけのミストを、お口の近くで吸引して汚れを室内にまき散らかさない装置や、もしもの時のAEDや救急救命器具など)を整えており、必要な講習・研修を受け、必要数の医療資格保持者を配置しています。

歯科疾患管理料総合医療管理加算/歯科治療時医療管理料

高血圧・心疾患・脳血管疾患等の持病がある方でも、安全に歯科治療が受けられるよう、体調に配慮し、医科と連携をとり、処置を行います。
生体モニターによって、血圧・心電図などをチェックしながら治療を行うことができます。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

通院をされる方にも在宅療養中で往診させていただく方にも、安心して治療を受けていただき、ご家族皆様のおくちの健康を維持できるような体制を整えています。

在宅療養支援歯科診療所

地域の医科や介護支援サービスと連携して、ご自宅や施設にうかがって歯科診療を行い、在宅での療養を歯科面から支援します。

歯科疾患在宅療養管理料在宅総合医療管理加算/在宅患者歯科治療時医療管理料

高血圧・心疾患・脳血管疾患等があり、かつ、在宅で療養されている方の、歯科診療を安全に行えるよう、地域の医科と連携しています。

CAD/CAM冠

中央歯科補綴研究所と連携をとり、小臼歯や下顎第1大臼歯に保険診療としてハイブリッドセラミックの白い被せものを作製します。ただし、かみ合わせや歯の状態によっては、必ずしもすべての小臼歯や下顎第1大臼歯にCAD/CAM冠をかぶせられるとは限りません。歯列の状態に適用のルールがあります。

歯科技工加算1および2

当診療室には歯科技工士がおりますので、迅速に入れ歯を修理する体制を整えています。入れ歯の壊れ具合により、即日修理が困難で1日お預かりする場合もあります。ただし、入れ歯の状態によっては、修理ができないこともあります。

歯周組織再生誘導手術

重症の歯周病の治療のために、歯根の周囲の悪いところを外科的に取り除き、健康な環境が再生するよう処置を行います。

口腔粘膜処置
レーザー機器加算

当診療室には、ネオジミウムヤグレーザーが設置されています。再発性アフタ性口内炎の処置にレーザー照射が保険適用されます。また、口腔内の小手術に際し、切開や止血などにもレーザーが適用されます。

クラウン ブリッジ維持管理料

かぶせものやブリッジなどの補綴物について、2年間の維持管理を行います。補綴物を装着したときにお渡しするお知らせをお読みください。