白い歯にしたい(詰め物・かぶせもの)

保険診療では、白い詰め物やかぶせ物は、ほとんどの場合、樹脂が材料となっています。時間が経つにつれ、変色・変質・摩耗・破損が生じたり、ほかの歯と調和していないなど、不都合・不愉快なことがあります。CASE Dをご参照ください。

それに対して自由診療では、セラミック素材を使います。高い強度はさることながら、透明感・発色・質感など本物の歯のように自然な感じに再現できます。

さらに、歯はそれぞれ色合いも模様も形態も個性があります。ほかの歯と調和のとれた歯を再現するために、いろいろな角度から写真を撮り、仮歯を調節しながらちょうどいい形態を決め、手間をかけて作ります。
そのため、お口元になじみ、長期的に美しさを保つ歯ができるのです。

鏡を見るのが楽しみになる――そんな歯を手に入れてみませんか。

さて、クイズです。
下に二名の歯の写真があります。それぞれ、一部がつくりものの歯になっています。
どの歯がつくりものの歯でしょうか?

答えは白い歯にしたい(具体例)の一番下にあります。