歯並びをきれいにしたい

当院では、年齢を問わず、人間の歯と歯列が本来持っているはずの正しい機能を呼び戻すための処置が矯正治療であると考えています。

何かのはずみで正しい歯列ラインから外れてしまった歯並びを治すことも、虫歯や歯周病によって崩壊してしまった歯列を正しい状態に回復することも、健康な歯を維持するためにはたいせつです。

成人してから矯正など要らないと思われるかもしれませんが、正しい歯列であればご自分で管理もしやすく、補綴治療も良い成果が得られます。また、通常であれば抜歯するような奥深くまで虫歯になってしまった歯であっても、健全な歯質が歯肉縁上に出るまで歯根を引っ張り出せれば冠を作ることなども可能になります。

お子様の場合には、その発育段階に合わせて適切な咬み合わせに誘導することが大切です。特に、乳歯列完成前から継続してお口の中を管理できる当院・小児歯科専門医としてのご提案も好評いただいております。その子の持っている歯列の不調和やよくない生活習慣、顎の骨の中で、できつつある永久歯のちょっとした不都合などを、いち早くチェック・予測し、永久歯列を良い状態に近づける工夫などもお話しできるでしょう。 CASE Jをご参照ください。

良い歯並びと矯正をすることのメリット

具体例

CASE E深く虫歯が進んだ歯をひっぱり出して使えるようにする

真ん中の歯根は傾いて、歯槽骨の頂上よりもさらに奥まで虫歯になって、埋まっています。このままでは、差し歯を作ることができません。この歯根に引き出すためのフックをつけて、ゴムの力でゆっくり動かします。

歯根の位置の変化を見てください。隣の歯と比べると位置の変化がわかりやすいと思います。傾きも改善され、まっすぐになり、歯槽骨の上まで歯根が出てきました。

CASE F見栄えの悪いかぶせた歯をなくしてきれいにみせる

下の中央の前歯は、並びが悪く虫歯もひどかったので数年前に白いかぶせもので治したそうですが、満足できずお悩みでした。
思い切って白い冠をかぶせた歯は抜歯し、その隙間は矯正で閉じてきれいに並べました。前歯は1本少なくなりましたが、口元は明るくスッキリとしご満足いただけました。

CASE Gねじれた前歯をきれいにしたい

真ん中の歯が1本だけ捻じれて生えています。ここだけ、なんとかきれいにしたいというご希望です。約10か月でキレイな配置になりました。

CASE H上下逆になった咬み合わせを治す

歯並びが悪く、上下の咬み合わせも逆で顎がずれ、しかも歯の質も弱くて一生懸命歯磨きしてもすぐ汚くなってしまうのがお悩みでした。矯正治療を始める前から歯のプロフェッショナルケアを続け、矯正装置を外した後も歯の表面がきれいでツルツルな状態を保っています。